2006年11月25日

奈須目線! 『無敵な男達』役者紹介♪4

村上幸平くん♪

murakamikun.jpg

彼は努力家だ。

しかも、その努力をあまり人に見せない。
そこが実に、カッコイイ。

僕が想像した彼の内面は、2枚目に多いとされる孤高の人タイプで、
おそらく繊細であるがゆえ、人見知りをするのではないかと勝手に思っていた。

実際、休憩時間も1人フラリと、
どこかへ消えていたのでそうなのだと思っていた。

そんなある日、村上くんが稽古場にいるみんなに、

「ご飯、どうします? 売店行きませんか?」

と言った事がある。

村上くんが誘ってくれた事に、僕は内心驚いた。

ほんの少しの戸惑いを心の中にしまい、
うん行こう行こうと売店に向かったのだが、
その次の日、村上くんがいない時に、その話題になった。

みんな、同じ思いだった。
2枚目は得だ。
みんなを売店に誘うだけで、このセンセーションだ。

そんな時、演出の上田さんが考えた
素晴らしく面白い笑いのアイデアがあって、
上田さんがそれを僕らに伝えてくれた時、
役者全員が笑った事があった。

で、そのアイデアを演る予定だったのが村上くん。
僕の脳裏に村上くんがこれを演ると爆発的に面白いけど、
かなり3枚目になるこのアイデアを、
はたして彼が演ってくれるのか?

僕は、その時になって初めて、
彼の事をまったく分かっていなかった事に気がついた。

村上くんは、すぐにその練習を黙々と始めたからだ。

僕は嬉しかった。

その次の日、村上くんがいない時に、その話題になった。

みんな、同じ思いだった。

結局、そのアイデアは諸々の事情で日の目を見ることは
なくなったけど、あの時の、あの村上くんを僕は忘れない。

あり得ないぐらい、面白かったから。

本当は、明るくて楽しい奴なのに、
すましててクールな奴だと思われてしまう。
2枚目も、たいへんだなぁと僕は思う。

村上くんは、笑うと実にチャーミングで、
そのあたりの人間らしさが僕は好きだ。

彼は時々、稽古場で僕に聞いてくる。

「俺、おもしろいですかね?」

僕は彼の目を見て、おもしろいよと言った。

僕は嘘は言わない。
おもしろいから、おもしろいと言う。

村上くんは、おもしろい。
posted by 奈須 崇 at 22:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。