2010年04月10日

429番目の惑星。

ハッブルが429番目の惑星をみつけました!と「explanet」というアプリがpush配信で僕に教えてくれました。


image-201004100084812.png


「Saturn」と「Uranus」の間に座標がありますから、土星と天王星の間で発見したみたいです。

ハッブル宇宙望遠鏡は、結構な遠方での出来事を僕に伝えにきてくれるのです。

先々月なんかも、この謎の飛行物体を見てよ!とばかりにレポートが届きました。

天文学の権威と言われているような人がレポートにワオ!ワオ!書いてたりして、そのワオ!の数や、coooool!!!!!!!!!!!のoや!の数からして、なんか盛り上がってるし凄い発見やったんかなーとか思いつつ添付されてる画像を見てみると、普通に凄い写真だったりします。


image-201004100084831.png


そら確かに、こんなスターウォーズのXウイングみたいな飛行物体を発見したら、驚きのあまり世界に向けてメール配信をしたくなるのも分かりますし、やたら嬉しくなってレポートにワオ!ワオ!書く気持ちも分かります。

この謎のX彗星。
アメリカのリンカーン研究所「地球接近小惑星観測プロジェクト」が発見しP/2010A2と呼ばれているそうで、たまたま2個の小惑星が激突して、あんな形になったと思うよー、と言うのが正式な見解だそうです。
つまり、よく分からないみたいです。

でも「地球接近小惑星観測プロジェクト」と言えど、地球から3億kmほど離れているので、大気圏に突入してきて地表に激突したりする心配はないそうです。

P/2010A2の本体は、直径約180m。
もし地球にぶつかったら大変です。
大気圏に突入して落下する時の摩擦熱でそれなりに小さくはなるんでしょうけど、アリゾナのメテオ・クレーターを引き起こした物体で直径40mほどと言われていますからね。

そんな直径180mの物が落ちてきたらドカーンって大きい音して地球がパーンってなりますよ。

雨戸閉めててもダメですよ。

Wow!
its coooool!!!!!!
Wow!Wow!






posted by 奈須 崇 at 08:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

シアターカフェNyanへの道のり。


いよいよ5日後に迫ったトランスパンダ第12回公演「君と旅」!

作家のアカネちゃんは順調に台本を仕上げ、上原くんは順調に稽古に勤しみ、まもるんは順調に悩み、僕は順調にそれらを楽しんでいます。

さて、舞台、シアターカフェNyan(ニャンと読みます)の近くには「cafe 婆沙羅」というお洒落で謎なカレー屋さんがありまして、日頃のおこないの良い僕は演出の茜ちゃんにカレーをご馳走してもらいました。

このカレー屋さんに入って、すぐ左手に昔の井戸とかで良く見かけた鉄製のポンプと水瓶があります。
その水瓶の中にデカいオレンジ色の魚が泳いでいます。

見た目、デカい金魚的な魚なんですけど、あれは何魚なんでしょうか?
金魚にしては発育良すぎなんですけど、鯉的な魚なんですかね?

お店の人に聞けば良かったんですけど、聞くのを忘れたので謎は謎のままです。
何なんでしょうか、あの魚は。

とりあえず心の中でオレンジ色のデカ金魚と名付けましたけど、ちょっとキモいぐらいデカいんですけど。

鯉だったらヒゲありますよね?
見た感じヒゲなかったんですけど、身だしなみを整えたんでしょうか?
それかオレンジ色のイワシなんでしょうか?

デカさ的にはイワシ級なんですけど。
でもきっと淡水魚ですよね、たぶん。
水舐めてないから海水か淡水か分からないですけど。

カレーそっちのけで、気になります。

皆さん、もし「君と旅」を観に来てくださるなら、ぜひ「cafe 婆沙羅」のオレンジ色のデカ金魚も見に行ってみてください。

で、店員さんに「あのオレンジ色のデカい金魚みたいな魚は、デカい金魚なんですか?」と尋ねてみて、その結果を僕に教えてください。

たぶん、オレンジ色のイワシではないと思うんですけど……。
でも見た感じは、完全にオレンジ色のイワシなんですよ。

え?
カレー?
そう!肝心のカレー!


image-20100499075615.png


うん、濃厚で美味しかったですよ。
なんでも100時間も煮こんでるらしいですからね。
濃厚で、真っ黒で、美味しくて、程良く辛かったです。
茜ちゃんご馳走さま。

でもカレーって100時間煮こんでも無くならないんですね。
なんとなく100時間も煮こんだらカレー蒸発して雲になりそうなんですけどね。


営業時間は、平日が7:30から23:00まで。 日曜祝日は11:00から22:00まで。

地下鉄「西大橋駅」三番出口を南に一筋入ったところにあります。

劇場から行く場合、徒歩30秒ほど。
ミニストップの前にあります。

お芝居を観て万一、カレーライスが食べたくなったら「cafe 婆沙羅」に駆け込んで「あのオレンジ色のデカい金魚みたいな魚は、デカい金魚なんですか?カレーライスください」と注文してみて、いつかその答えを僕に教えてくださいね。

さてさて、トランスパンダの「君と旅」が開催される「シアターカフェNyan」の行き方は!
西大橋駅からだと小走りで徒歩30秒ほど。
とってもアクセス良好です。

地図: http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7&sll=34.674406,135.493258&sspn=0.005638,0.009356&ie=UTF8&cid=34674554,135492028,2701316628221465928&ll=34.684817,135.496273&spn=0.024702,0.036478&z=14&iwloc=A&source=embed

住所:大阪市西区北堀江2丁目8番19号

・地下鉄四ツ橋線 四ツ橋駅4番出口より西へ徒歩5分

・地下鉄長堀鶴見緑地線 西大橋駅3番出口より南西へ小走り30秒
 

posted by 奈須 崇 at 08:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

桜川サイダー。

稽古場の近くにある居酒屋で「桜川サイダー」を飲みました。

桜川サイダーは大阪の能勢町が誇る地元の名産品で、清酒桜川を醸造していた能勢酒造が清酒用の仕込み水を使って作った地酒ならぬ、地サイダー。
それが桜川サイダーなのです。

時間が経っても炭酸が弱くなりにくいのが特徴で、炭酸が効いてる分、サイダー特有の甘さの中に、炭酸の苦さがふんわりと残り、後味がスッキリとした、昭和世代の大人を懐かしい気持ちにさせる、そんな一品。


image-20100496212847.png


ガラス瓶の色合いや、ラベルデザインも素朴で可愛いです。

ふんわりとした苦味。


image-20100496212923.png


この日の稽古終わり、まもるんは用事があって帰ったけど、上原くんと茜ちゃんの三人でノスタルジー素敵ドリンクをちびちびと「君と旅」を肴にして飲む。稽古終わりのサイダーは格別です。

たまにはビールじゃなくて、サイダーもね。

サイダーは、春に、よく似合います。

頭の中でセリフを繰りながら淀川の支流の大川沿いをバイクで走ってると、桜の香り。

見上げると夜空を彩るように青信号に照らされた八分咲きの桜が川沿いに。

おー、僕、今、桜川ライダーやん。と頭の中で考えながら帰宅。
サイダーを飲んだライダーの僕が、ただいまー言うてねー。

「君と旅」も、ただいま八分咲き。
来週の14日には満開になる予定です。

どうぞ、大切な友達や仲間を誘って、あるいは誰かの事を大切に想う気持ちを胸に、劇場へ遊びに来てください。



posted by 奈須 崇 at 21:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

和三盆仕立てとえび。

トランスパンダの作家、ナカタアカネちゃんのお母様がおせんべいをくれました。


image-20100495033148.png


小倉山荘、京都の明月おせんべい「定家の月」の和三盆仕立てと、えび。

このおせんべいたちが素敵な味加減で和三盆仕立ての方は、塩味のおせんべいに和三盆特有のふんわりとした甘さがミックスされた楽しい仕上り。
えびの方もオーソドックスで優しい風味。

茜ちゃんの台本が素敵すぎて僕は最近、よく稽古場で泣いています。

まもるんの芝居が楽しすぎて僕は最近、よく稽古場で笑っています。

上原くんの芝居が優しさに溢れていて僕は最近、幸福感に包まれています。

この素敵さや、楽しさや、優しさをブレンドしたのが「君と旅」なのです。

そう。それはまるで、おせんべい。
和三盆仕立てとえびなのです。

トランスパンダ「君と旅」のご予約をしてくださった方々の中には、結構、遠くからきてくださる方もおられて、
きっと飛行機か新幹線かバスか徒歩で来られるのだと思うのですが、でも大丈夫!

劇場を出た瞬間!
ご自宅までの道のりが旅気分。
素敵で楽しく優しい気持ちでご帰宅いただけます!

ただ!

開演時間!

もし万一!
開演時間に遅れてしまわれた場合!

カフェという劇場の構造上、お芝居が始まると、なんと言うか、お席についていただく際、かなり目立ちます!

しかも演出の都合上、開演してから約10分間、入場の制限をさせていただく事になっております!

どうぞ、充分に、ゆとりを持ってご来場くださいますよう、よろしくお願いいたします!

そして当日、時間通りにご来場くださった皆様!

万一!
万一、不幸にも諸処の事情で開演時間に遅れてしまわれた方がおられた場合、どうか温かい目で迎い入れてくださいますよう、重ねてお願い申し上げます!

だってですよ?
もし横断歩道で大きな荷物を担いだおばあさんと出会って荷物を運ぶのを手伝ってあげたあと劇場に向かって歩いていると、お母さんとはぐれて迷子になって泣いている子供と出会って、大丈夫すぐにお母さんに会えるからねと慰めながら交番のお巡りさんのところまで連れて行って、迷子みたいですお願いしますとお巡りさんに引き渡し、やがてやって来たお母さんにありがとうございますありがとうございますと何度も何度も深々と頭を下げられ、そのあと小走りで劇場に急いでたら心臓発作で倒れたおじいさんと遭遇して大丈夫ですか!と慌てふためきながらテレビか何かで見た心臓マッサージを施し、やがて到着した救急車で搬送されて行ったおじいさんの無事を祈りながら劇場まで全力疾走している時に、線路で立ち往生しているトラックと電車が大激突するのを間一髪で未然に防いだ結果、二分ほど開演時間に間に合わなかったというようなお客さんがおられたらですよ?

可哀想じゃないですか。

だから、せめて温かい目で迎い入れてくださいね。

でも、遅刻しないでくださいね。


さてさて、そんなトランスパンダの「君と旅」ですが!

チケットのご予約は、こちらで承っております!

ご来場は計画的に。







posted by 奈須 崇 at 03:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。