2010年04月05日

和三盆仕立てとえび。

トランスパンダの作家、ナカタアカネちゃんのお母様がおせんべいをくれました。


image-20100495033148.png


小倉山荘、京都の明月おせんべい「定家の月」の和三盆仕立てと、えび。

このおせんべいたちが素敵な味加減で和三盆仕立ての方は、塩味のおせんべいに和三盆特有のふんわりとした甘さがミックスされた楽しい仕上り。
えびの方もオーソドックスで優しい風味。

茜ちゃんの台本が素敵すぎて僕は最近、よく稽古場で泣いています。

まもるんの芝居が楽しすぎて僕は最近、よく稽古場で笑っています。

上原くんの芝居が優しさに溢れていて僕は最近、幸福感に包まれています。

この素敵さや、楽しさや、優しさをブレンドしたのが「君と旅」なのです。

そう。それはまるで、おせんべい。
和三盆仕立てとえびなのです。

トランスパンダ「君と旅」のご予約をしてくださった方々の中には、結構、遠くからきてくださる方もおられて、
きっと飛行機か新幹線かバスか徒歩で来られるのだと思うのですが、でも大丈夫!

劇場を出た瞬間!
ご自宅までの道のりが旅気分。
素敵で楽しく優しい気持ちでご帰宅いただけます!

ただ!

開演時間!

もし万一!
開演時間に遅れてしまわれた場合!

カフェという劇場の構造上、お芝居が始まると、なんと言うか、お席についていただく際、かなり目立ちます!

しかも演出の都合上、開演してから約10分間、入場の制限をさせていただく事になっております!

どうぞ、充分に、ゆとりを持ってご来場くださいますよう、よろしくお願いいたします!

そして当日、時間通りにご来場くださった皆様!

万一!
万一、不幸にも諸処の事情で開演時間に遅れてしまわれた方がおられた場合、どうか温かい目で迎い入れてくださいますよう、重ねてお願い申し上げます!

だってですよ?
もし横断歩道で大きな荷物を担いだおばあさんと出会って荷物を運ぶのを手伝ってあげたあと劇場に向かって歩いていると、お母さんとはぐれて迷子になって泣いている子供と出会って、大丈夫すぐにお母さんに会えるからねと慰めながら交番のお巡りさんのところまで連れて行って、迷子みたいですお願いしますとお巡りさんに引き渡し、やがてやって来たお母さんにありがとうございますありがとうございますと何度も何度も深々と頭を下げられ、そのあと小走りで劇場に急いでたら心臓発作で倒れたおじいさんと遭遇して大丈夫ですか!と慌てふためきながらテレビか何かで見た心臓マッサージを施し、やがて到着した救急車で搬送されて行ったおじいさんの無事を祈りながら劇場まで全力疾走している時に、線路で立ち往生しているトラックと電車が大激突するのを間一髪で未然に防いだ結果、二分ほど開演時間に間に合わなかったというようなお客さんがおられたらですよ?

可哀想じゃないですか。

だから、せめて温かい目で迎い入れてくださいね。

でも、遅刻しないでくださいね。


さてさて、そんなトランスパンダの「君と旅」ですが!

チケットのご予約は、こちらで承っております!

ご来場は計画的に。







posted by 奈須 崇 at 03:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。