2010年04月10日

429番目の惑星。

ハッブルが429番目の惑星をみつけました!と「explanet」というアプリがpush配信で僕に教えてくれました。


image-201004100084812.png


「Saturn」と「Uranus」の間に座標がありますから、土星と天王星の間で発見したみたいです。

ハッブル宇宙望遠鏡は、結構な遠方での出来事を僕に伝えにきてくれるのです。

先々月なんかも、この謎の飛行物体を見てよ!とばかりにレポートが届きました。

天文学の権威と言われているような人がレポートにワオ!ワオ!書いてたりして、そのワオ!の数や、coooool!!!!!!!!!!!のoや!の数からして、なんか盛り上がってるし凄い発見やったんかなーとか思いつつ添付されてる画像を見てみると、普通に凄い写真だったりします。


image-201004100084831.png


そら確かに、こんなスターウォーズのXウイングみたいな飛行物体を発見したら、驚きのあまり世界に向けてメール配信をしたくなるのも分かりますし、やたら嬉しくなってレポートにワオ!ワオ!書く気持ちも分かります。

この謎のX彗星。
アメリカのリンカーン研究所「地球接近小惑星観測プロジェクト」が発見しP/2010A2と呼ばれているそうで、たまたま2個の小惑星が激突して、あんな形になったと思うよー、と言うのが正式な見解だそうです。
つまり、よく分からないみたいです。

でも「地球接近小惑星観測プロジェクト」と言えど、地球から3億kmほど離れているので、大気圏に突入してきて地表に激突したりする心配はないそうです。

P/2010A2の本体は、直径約180m。
もし地球にぶつかったら大変です。
大気圏に突入して落下する時の摩擦熱でそれなりに小さくはなるんでしょうけど、アリゾナのメテオ・クレーターを引き起こした物体で直径40mほどと言われていますからね。

そんな直径180mの物が落ちてきたらドカーンって大きい音して地球がパーンってなりますよ。

雨戸閉めててもダメですよ。

Wow!
its coooool!!!!!!
Wow!Wow!






posted by 奈須 崇 at 08:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。