2010年05月16日

ハワイにはない桃屋のラー油は日本にもない。

来週からハワイに行きます。

で、オアフで暮らしている知人に何か日本からお持ちしましょうかと御用聞き。

すると、いくつかの本や雑誌と共に桃屋のラー油を10本というオーダーが。

桃屋のラー油を10本?
変換ミスかな?

モモヤノラーユヲジュッポン。フランス語?

海外で暮らす人の方が日本の旬な情報を網羅していて詳しい場合があります。

流行ってるんですね、ラー油。桃屋の。

ラー油が流行ってるって、にわかには信じ難いんですけど流行ってるんですね。
家の近所のスーパーを4軒ハシゴしましたけどどこにも在庫がありません。

僕の町にはラー油がないのです。
桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」という商品名のラー油が。

そもそも10本という単位で購入を依頼される訳ですからね。
そんなまとめ買いするほどのものなのでしょうか?
ラー油ですよ?

辛そうで辛くない少し辛いラー油。

もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対〜的なネーミング。

結果、辛いのか辛くないのか。

そもそもラー油って、辛いのがアイデンティティだと思うんです。
でも桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」という商品はその持ち前のラー油アイデンティティを若干放棄気味で店頭に並んでる訳ですからね。
辛くないラー油はただの油でしょ?

なぜ流行っているのでしょうか?
辛さに代わる付加価値がどこかにあるはずです。

なんでしょう?
脂肪の燃焼を促して急激に痩せたりするのでしょうか?
あるいは肌年齢が若くなり視力が回復してさらに今なら一個の金額で二個買えるのでしょうか?
あ。
ひょっとしてエビちゃんがファッションに取り入れたのでしょうか?

ラー油を?

て事は、流行に敏感な女子高生たちが電車の中で使っているのでしょうか?
電車の中でラー油を使ったらペースメーカーに悪影響は及ぼさないのでしょうか?

あー、餃子が食べたいです。

僕は今からラー油を探す旅に出ます。

大日のイオンとか鶴見のリーファみたいなスーパーの大みたいな所にならあるんでしょうか?
ラー油なんかどこにでもあるもんだと思ってたんですけどねー。
手に入らないとなると俄然気になります。

何なの?辛そうで辛くない少し辛いラー油って。

ダフ屋がスーパーの前でラー油をね。
売ってたら買うかも。

奈須崇ラー油募集中。

ラー油を見たという貴方からの目撃情報をお待ちしております。

PS カルピス的発想でね、辛そうで辛くない少し辛いラー油って、普通の辛いラー油を水で薄めたらダメなんでしょうか?やっぱり水と油なんでしょうか?









posted by 奈須 崇 at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。