2010年08月09日

ベリーサくんの整備士。


image-20100809021750.png

愛車のベリーサくんが可愛くて仕方がない。
iPhoneをカーステレオに繋いでホノルルやマウイ島のラジオを聴きながら、やたら近所をドライブしています。
大阪でKrater96が聴けるなんて。
僕の目には生駒山がダイヤモンドヘッドに見えます。
自転車に乗ったセーラー服の女子高生が海兵に見えます。
暑さのせいかも知れないけれど。

とまぁ、こんな感じでお車ライフを満喫しております。

でね!
ちょっと問題が勃発してるんです!
夏の怪奇現象!
最近、僕のマンションの駐車場に、整備士が出るんです!

猫の。

暑いんでしょーねー。
僕の愛車の下で寝てるんですよ。
茶トラの猫が。
日影で両手両足を精一杯広げて、ぐっすりと仰向けで。

もうね、整備士にしか見えないんですよ。
僕の愛車のオイル交換をしてくれてるようにしか見えないんですよ。
僕がレンチとかスパナとか渡したら、あいつニャー言うて受け取りそうなんですよ。

困るでしょ?
車の下で猫が仰向けで寝てたら。
気づかずに発車したら、猫ふんじゃったが一生歌えない体になりますよ?
歌うたび号泣ですよ?

どうして僕はふんじゃったんだ猫をー!

悪夢でしかない。

もうね、卵が先か鶏が先かみたいな感じでね。
僕の駐車場で茶トラが整備士として働きだしたのが先なのか、それとも茶トラの縄張りに僕が車を停めだしたのが先なのかみたいなね。

しかも、茶トラね。
寝起き悪いんですよ、めちゃめちゃ。
エンジンをかける前にね、危ないから起きやーって僕が脇腹チョンチョンして起こすでしょ?
そしたらあいつ、フシューって言ってくるんです。毎回。本気で。
本気でフシューって。

猫といえど、本気でフシューって言われたら怖いんですよ。
フシューとか言わないで欲しいんですよ。て言うか寝ないで欲しいんですよ、僕の愛車の下で。

起こしたらね、ちょっと離れたところに移動してから僕のことを睨むんです。
分かるんですよ、睨んでるのが。
僕が猫語で「睨んでますよね?」って聞いたら、あいつニャンニャン言うて頷くと思いますよ。

明日から他所で寝てくれないかな?
どっか猫用のクーラーの効いた旅館とかで連泊してて欲しいんだけど。
ダメかな?

オートバックスとかが雇ったらいいのに。
あいつオレンジ色のツナギ着たら似合うと思うんだけど。
猫の手も借りたい時とか無いかな?
教えたらオイル交換ぐらいできると思うんだけど。
ダメかな?

本気でフシューって言うし客商売むいてないか?
ダメか?

posted by 奈須 崇 at 02:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。