2011年08月06日

君の彼女が観た映画。

コストコで買い物をしていたら若いカップルの会話が聞こえてきました。彼氏は物静かでカッコいいタイプ。彼女は不思議の国のアリスみたいな服装の不思議な娘。

彼女「これすっごくデカイね」

見ると彼女は売り場に並んでいた調理用油の入った一斗缶を指差しています。

彼氏「うん。何リットルだろね」
彼女「これってあれだよね。ハリウッドのだよね」
彼氏「ハリウッドって?」
彼女「ほら、ハリウッドの映画で良く出てくるよね」
彼氏「ハリウッドの映画? 何の映画?」
彼女「何の映画ってことはないんだけど、結構頻度高いよ」
彼氏「そうかな。言うほどこんな缶見ないけど」
彼女「見るよー。良くハリウッドの映画で、上から落ちてきて主人公とかが頭打ったりするよー」
彼氏「それ何の映画?」
彼女「何のって、アクション」
彼氏「アクション? スティーブン・セガールとか?」
彼女「誰?」
彼氏「ほら、沈黙のコックとか」
僕「ふひ♪」

僕は堪えきれずに小さく笑いました。

彼女「あー、うん。沈黙のコックとか」
僕「ふひ♪」

沈黙のコックという映画のタイトルは僕の心を鷲掴みにしました。

彼氏「でもこんな缶のシーンとかあったっけ?」
彼女「あったよ。頭の上にこれが落ちてきて、おでこ切っちゃうみたいな」
彼氏「え? 誰が?」
彼女「だからその主人公の人が。おでこ。血とかタラタラ〜って」
彼氏「沈黙のコックが?」
彼女「そうそう。それで目に血とか入って見えないーって慌ててるところに敵のテロリストみたいなのが後ろから来て…」
僕の頭の中の声「志村うしろうしろー」
彼女「そしたら偶然そのテロの人にも缶が落ちてきて…」
僕の頭の中の声「ダメだこりゃ、次いってみよう!」
彼女「危なかったーみたいな。分かるでしょ?」
彼氏「んー。正直、沈黙のコックとか内容半分も覚えてないから」
僕の脳内「もうまずタイトルが半分やん」
彼氏「あ、でもキッチンとかでそういうのあった?」
彼女「そうそう。キッチンって言うか倉庫っぽいとことかで」
彼氏「倉庫? 船の?」
彼女「船? うーん山小屋」
彼氏「山小屋? 船でなく?」
彼女「うん、船は忘れて」
彼氏「それスティーブンセガール?」
彼女「スティーブンセガールも忘れて」
彼氏「え? 沈黙のコックじゃないの?」
彼女「あー、沈黙みたいな二字熟語でなくて、もっとカタカナの」
彼氏「もっとカタカナ?」
彼女「ふふふ ふふふふみたいな」
彼氏「ふふふ ふふふふ? 死霊のはらわた?」
僕の頭の中の声「絶対違うやん! ホラーやん! そして漢字やん! 漢字とひらがなやん!」
彼女「もっとアクション映画だって」
彼氏「アクション。ランボーとか?」
彼女「もうちょっと長め。ふふふ ふふふふ」
彼氏「ランボー怒りのアフガン?」
僕の頭の中の声「サブタイトルつけた」
彼女「ランボーじゃなくて、もうちょっと家族想いの」
彼氏「家族想い? あ、あれか。地球壊れる的な?」
彼女「壊れない壊れない」
彼氏「え? 壊れないの? 隕石じゃないの?」
彼女「隕石でてこないよ。ふふふ ふふふふ ふふみたいな感じの」
僕の頭の中の声「増えた。『ふ』2つ増えた」
彼氏「ターミネーター2?」
彼女「違う」
彼氏「バックトゥーザフューチャー2?」
彼女「違う。もっとアクション」
彼氏「あ、アクションか。ダイ・ハード2?」
彼女「なんで2ばっかなの」
僕の頭の中の声「ふふふ ふふふふ ふふの最後のふふの響きがツーだから」
彼氏「ふふふ ふふふふ ふふでしょ? ふふってツーっぽくない?」
彼女「ツーじゃないツーじゃない。もっとB級だから。まぁもういいよ」
僕の頭の中の声「よくないよくない。教えなさいよ」
彼氏「あ。この紅茶この前に来たとき売切れてたのに」
僕の頭の中の声「紅茶はいいから」
彼女「あ。本当だー」
僕の頭の中の声「紅茶のことはいいから」
彼氏「買っとこうか」
彼女「うん。お姉さんにも持って行くから3パック」
彼氏「あと何だっけ?」
僕の頭の中の声「いや、だから映画」
彼女「ベーグル」
僕の頭の中の声「ベーグルはいいから」
彼氏「でもこの間のジャムもさー…」
僕の頭の中の声「ジャムはいいからー! 映画ー! 何の映画やねーん! 」
彼女「甘すぎたよねー」
僕の頭の中の声「ジャムの感想はいいからー! 一斗缶が頭に落ちてきて主人公が頭打って血が目に入って敵のテロリストが後ろから襲いかかってくるハリウッド映画って何ー!」
彼氏「チーズとはあわないよね」
僕の頭の中の声「ジャムとチーズの相性はいいからー! 帰ってこーい! 誰かー! 気になるよー! 一斗缶が頭に落ちてきて主人公が頭打って血が目に入って敵のテロリストが後ろから襲いかかってくるハリウッド映画って何ー!」

買い物を楽しみながら僕の好奇心をもてあそんだ2人の背中を僕は静かに見送りました。








posted by 奈須 崇 at 23:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

瀕死のキノコ。

手作り暖炉を優秀賞に選んでいただき、その副賞で旅行券をいただきました。


image-20110805233658.png


国内なら北海道から沖縄までどこでも泊まれるみたいで僕のテンションが羽ばたきます。

そんな中、先日のブログでも触れました突如として花壇に出現したキノコを引っこ抜いてやろうと思っていたら、南向きの陽当たりにやられたのか、すでにキノコは瀕死の状態でした。


image-20110805233716.png


日差しに負けそうになりながらも頑張って生きようとしている姿にほだされて引っこ抜くのはやめておく事にしました。
なんせ今日の僕はテンションが羽ばたいているのです。

キノコよ、まぁ何かと生きにくい世の中だが頑張れ。


posted by 奈須 崇 at 23:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

キノコの急成長。

ふと花壇を見るとオリーブと日々草の間でキノコが発育していました。
確か昨日の同じ時刻に見た時にはなかったはずなのに。逞しい。
菌類の成長を見習いたいものです。


image-20110804021516.png


しかし食べたら笑い止まらなくなりそうな風貌。
スーパーや市場では見かけないフォルム。ゆっくりと観察していると、なんか怖い。
いや、でもまぁ、相手はキノコ。
僕は慈悲の心を持って引っこ抜かず、キノコの成長を見守る事にしました。

しかし。僕は菌類をなめていました。
4時間後。
たった4時間後。


image-20110804021644.png


キノコは3倍に増えていました。
3本だったキノコが9本。
この調子で成長されてしまうとなると、24時間後には花壇キノコびっしり。
48時間後には玄関もキノコびっしり。
72時間後、キノコはリビングでテレビを見ているはずです。
キノコ怖い。

引っこ抜こう。



posted by 奈須 崇 at 02:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

優秀賞いただきました。

日本プラスターという会社の漆喰で「うま〜くヌレール」という製品があります。
これが塗りやすいのです。
まず漆喰がすでに練った状態で売られているのでフタを開けたらすぐに塗れるのです。
めっちゃお手軽♪

そこで僕はマントルピースという蓄熱式暖房機用のカバーを作る事にしました♪

1.JPG

このように材木を切ったりビスで揉んだりしながら。

2.JPG


で、できあがった下地材に養生テープを貼って、漆喰を塗って行きます♪

3.JPG

ビニールのキッチン手袋をはめた手をコテ代わりにして、サクサク塗って行きます♪

4.JPG

10.JPG

で上手に塗れたから蓄熱式暖房機に設置していきます。

11.JPG

このようにサクサクとテンポ良く作業を進めて、電気の配線もして、時計を飾ってできあがり♪

4.JPG

どうですか♪
この暖炉っぷり♪

こちらの暖炉を日本プラスターさんの作品賞に応募したところ♪
優秀賞を頂きました♪

やった♪

でも、この「うま〜くヌレール」がね、本当に上手く塗れる♪
これで家具塗るのペンキよりも楽しいよ♪









posted by 奈須 崇 at 15:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。