2015年10月21日

著者近影。

小説「上方スピリッツ」の出版にあたり、版元のKINOBOOKS(キノブックス)さんから著者近影を送ってくださいと連絡が入りました。困ったことになりました。みんなにも相談したいと思うのですが、まず直近で撮影した僕の写真を二枚ほど見ていただきたいと思います。


5514AD6B-1C37-4900-AB65-744CAF7457A5.jpgF0CA2CC7-B275-4F45-A27D-52813C25226A.jpg


僕はグルメレポーターなのでしょうか。
僕の写真にはもれなく食べ物が写り込んでいるのです。どうしても。
見てください。


A2F7578F-2199-47CC-BA57-9FF9768E429C.jpg2B967438-8FF1-42A2-947E-EB7F72C9B02A.jpg


助けてください。
食べ物を食べているんです。どうしても。
こういう写真しかないんです。
見てください。


D21C838B-F5F7-4AC5-8791-51EB481306E8.jpg0DF16132-2402-46D0-A40A-BF8112B8836D.jpg


ほら。
ほら食べ物。ほら食べようとしてる。


3F9D038C-6436-4C55-92E6-C07FD2EFDCC7.jpgC6A0E36D-8120-41FD-8C82-05CA62038D53.jpg


 ほら!
 もれなく食べてる!
 どうしましょうか。上方スピリッツは漫才師の物語。グルメ本ではないのです。著者近影でこんな写真が使われていたらそれは間違いなく満腹スピリッツとか、そういうタイトルのグルメ本じゃないですか。
 僕は頭を抱え、妻に相談しました。
 長年連れ添った彼女なら、著者近影として的確な写真を用意してくれるはず。その時の僕はそう思いました。そしてメールに添付して送られてきた写真がこちらです。


1524428A-2511-4A99-A917-B6835559DDD9.jpg


 食べとるがな!
 僕はあらためて妻に詳細を告げ、上方スピリッツの著者近影としてふさわしい、食べ物を食べていない写真を送ってほしいと妻にメールしました。
 妻が送ってきた写真がこちらです。


77AF3CB6-5C82-4118-A343-534C4D4EC1DC.jpg


 こんな原稿を前にしてダウン寸前の力尽きて枯れ果てた著者近影は見たことがありません。
 僕は妻に確認をしました。なんか疲れた感じの写真がきたけど送る写真を間違えたんかな? 
 すると妻は、著者近影やし面白いやんインパクトあるし、と返信してきました。
 妻は決して添付書類を間違えたわけではありませんでした。
 どうでしょうか。こんな著者近影は見たことがありません。
 どうなのでしょうか。ジャニーズみたいなカッコいい写真のほうが本の売り上げが伸びるのではないかと思うのですが、そこは背伸びをせず等身大の僕でいたほうが良いのでしょうか。

 今までお見せした写真の中に、著者近影として適している写真は一枚もないと思うのですが、僕は固定観念を振り払い、地に這いつくばり力尽きる寸前の著者の姿をさらけ出すべきなのでしょうか。
 それとも食べ物を前にして喜びあふれる著者の姿を前面に推しだすべきなのでしょうか。

 どなたか小説を売るという目的に対して明確なビジョンをお持ちの方がおられましたら、何枚目の写真が著者近影としてふさわしいのか、僕に教えていただけないでしょうか。
 よかったらメールください。お願いします。困ってます。

 それか、カメラが得意な方、食べ物のない僕を撮っていただけないでしょうか。よかったらメールください。お願いします。困ってます。



余命半年の劇場のお話。
「上方スピリッツ」は、ジュンク堂千日前店や、紀伊國屋書店梅田店や、Amazonなどでお求めいただけます♪
発売日は10月24日です♪



 



posted by 奈須 崇 at 00:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。