2015年11月20日

屋上のペーパームーン。

舞台はビルの屋上。中に潜んでいるのは銀行強盗の片割れたちである。後の連中は計画を実行中である。
そんな屋上に、待ちくたびれた片割れたちがライフルを持って上がって来る。

「おい待て どこ行くんや」
「屋上や 屋上」
「屋上てお前 そんな物持って屋上で何する気やねん?」
「アホ 何もするかい 只 屋上上がるだけや 風に当たるんや」
「ほな そんなもん置いて上がれや」
「うるさいわ こりゃ俺のもんやで 俺が何処に持っていっても お前に関係あるかい」
「待て おい ちょっと待てて」


これは、大竹野正典さんという関西小劇場を代表する劇作家が書いた「屋上のペーパームーン」の冒頭の一節です。

どうですか?
わくわくしませんか?
ここから始まる物語に興味が湧いてきませんか?

僕は大竹野さんの戯曲が大好きです。
今月の27日と28日に、梅田のグランフロントで「新装版大竹野正典劇集成T出版記念公演」という芝居があります。正確に書くと芝居ではなく朗読劇なのです。
しかしこの朗読劇、出演している役者の体温が上昇し、汗をかきます。

どうですか?
少し不思議に思えませんか?
なぜ朗読劇なのに出演者が汗をかくのか気になりませんか?

僕は芝居をして今年で22年になります。
僕はこの「新装版大竹野正典劇集成T出版記念公演」に出演するのですが、この公演、キャリア22年の僕が8人の出演者の中で3番目に若手なのです。

キャリア22年は一般的な企業でいうと課長か部長クラス。つまり僕の他には常務や専務、副社長もいれば代表取締役もいる。なんだったら会長や最高顧問クラスまで出演しているのです。

もちろん僕よりキャリアの短い係長や主任もいます。その係長や主任の芝居も実に見応えがあります。

僕は作家でもあります。作家の僕は大竹野正典さんの台本に魅せられて、この公演のお仲間に加えていただきました。
同業者が同業者の作品に惚れ込むというのは、もしかするとよくある話なのかも知れません。
でも僕は滅多にありません。

大竹野正典さんの戯曲は実におもしろいのです。
大竹野さんとは本番が終わったらじっくりと酒でも酌み交わしながら戯曲について話をさせていただこうと思っています。うまく話せるかはわかりませんが、天国に旅立たれた大竹野さんの本で芝居をすることは数年来の僕の夢でした。
22年の短いキャリアながら、僕なりに最高の芝居を天国にむけてご披露したいと思っております。


新装版大竹野正典劇集成T出版記念公演

「屋上のペーパームーン」

冒頭の一節の続きを体感しに、どうぞグランフロントまでお越しくださいませ。
心よりお待ちしております。



PMtirasi1.jpg
PMtirasi2.jpg


新装版大竹野正典劇集成T出版記念公演

「屋上のペーパームーン」

リーディング

出演
秋月雁
戎屋海老
金哲義(May)
九谷保元
柴垣啓介(劇団ひまわり)
奈須崇
山田一幸(朱亜shu-A)
寺井幸菜(遊劇舞台二月病)

日時
2015年
11月27日(金) PM7時
28日(土) AM11時・PM2時30分・PM6時

場所:グランフロント大阪北館 タワーC713号 大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室
電話:06-6205-2366
住所:大阪市北区大深町3−1

入場料(前売)1500円/(当日)1700円

★出版記念公演につき、劇場で大竹野さんの戯曲集をお買い上げいただいた方には500円の割引をさせていただきます。

受付は開演の45分前、会場は30分前です。。
※定員は50名程度です。ご予約のお客様からのご入場となります。できればお早目のご予約・ご来場をお勧めいたします。

チケットご予約●くじら企画
氏名・日時・連絡先電話番号・枚数を明記の上、お申込みくださいませ。
(メールでの予約は11月26日までとさせていただきます。)

kujira@dsk.zaq.ne.jp




余命半年の劇場のお話。

「上方スピリッツ」(kinobooks キノブックス刊)は、紀伊國屋書店グランフロント大阪店、ジュンク堂千日前店など全国の本屋さんやAmazonなどでお求めいただけます♪







posted by 奈須 崇 at 18:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

「いいね!」の早さ。

皆さんの中に「いいね!」を押すのが早い人がいます。facebookのお話です。
僕がブログなどを書きます。それをfacebookやツイッターなどで告知をします。
するとアップロードするやいなや「いいね!」が表示されるのです。
早い。あまりに早すぎる。
本当に読んでから「いいね!」を押してくれているのか疑ってしまうほど早いのです。
もしかすると僕がブログを書き終わる前にすでに「いいね!」を押しているのではないかとさえ思えてなりません。

どうなのでしょうか。本当に読んでくれているのでしょうか。
あなたの「いいね!」は本当に「いいね!」なのでしょうか?
厳密に言うと「たぶんいいよね!」とか、「いいこと書いてるんだよね?」とかなのではないでしょうか?
あるいは「ところどころ端折って急いで読んだんだけど、いいね!」なのではないでしょうか?

早いことは悪いことではありません。
でもそれにしても早いじゃないですか。
西部劇に出てくるガンマンみたいな「いいね!」ですね。

まぁ、とは言いつつも、がっついてる感じは嫌いじゃないですからね。

いつも読んでくださって、ありがとうございます♪



余命半年の劇場のお話。
「上方スピリッツ」(kinobooks刊)は、紀伊國屋書店グランフロント大阪店、ジュンク堂千日前店など、全国の本屋さんやAmazonや楽天市場などでお求めいただけます♪  





posted by 奈須 崇 at 00:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

便利なボタン。

マウスを買いました。


F6E591F4-2126-4B29-9517-14D3A2D8D4A8.jpg


五つボタンのマウスです。
普通のマウスは右クリック、左クリック、それとホイールをクリクリして回すところの三ヶ所にボタンがありますが、このマウスには親指側の部分にボタンが二つほど多くついています。

いろいろと機能を追加することができるようで、たとえばコピーとペーストの機能をボタンに入力しておくと、カチリとボタンを押して文書をコピーし、もう一つのボタンをカチリと押してペーストすることができるのです。

僕は文章を書く仕事をしていますので、たいへんに便利です。

しかしこちらが意図していない時に親指がカチリと触れて勝手にペーストすることがあるのです。

慣れていないからなのかもしれませんが、もしかすると追加する機能の選択が間違っているのかもしれません。
もっと他に追加すべき機能があるような気がします。

そこで、追加すべき機能が何なのかを少し考えてみたいと思います。
まず文章を書いている時に僕がよく希望することを羅列してみます。

テッシュペーパーを取ってほしい。
コカコーラが飲みたい。
晩ご飯までの残り時間が知りたい。
冷蔵庫の中にチョコレートがあるかを確認してほしい。
日本代表の試合が放送されるのは今日だったか明日だったかモヤモヤするので教えてほしい。
ドラアイアイになりそうなタイミングで自動的に目薬をさしてほしい。
軽く読んでみて面白い時は盛大に褒めてほしい。
軽く読んでみてあまり面白くない時は何も言わずそっと黄色のマーカーでアンダーラインを引いてほしい。

そうですね。
もう少し未来でないと僕が求めるマウスは存在しないのかもしれませんね。
僕はマウスに過剰な機能を求める傾向にあります。




余命半年の劇場のお話。

「上方スピリッツ」(キノブックス刊)は、紀伊國屋書店グランフロント大阪店、ジュンク堂千日前店など全国の本屋さんでお求めいただけます♪  





posted by 奈須 崇 at 17:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

真面目ということ。

時に不真面目ではありますが、僕は真面目です。
真面目な僕は四十一歳なので「40才からのシャンプー」と書かれているシャンプーを使っています。


772F4D03-5E8F-4829-B70E-63C742D52E5C.jpg


これです。
ルシード スカルプシャンプーです。

ねっとり頭皮アブラもスッキリ! と書いてあります。
僕の頭部が、ねっとり頭皮アブラにまみれているのかどうかというと全力で否定したいのですが、それでも僕はこのシャンプーを使っています。

またひとつ、おじさんの階段をのぼったわけです。

四十代になったのであれば四十代のシャンプーを使う。僕はそういう男でありたいわけです。

四十代の僕が、四十代のシャンプー以外を使う。
それは決してチャーミングではないのにチャーミーグリーンを使うが如し。
あるいは決してママではないのにビオレママになろうとするが如し。

僕は真面目なのです。




余命半年の劇場のお話。  
「上方スピリッツ」(kinobooks キノブックス刊)は、紀伊國屋書店グランフロント大阪店、ジュンク堂千日前店など、全国の本屋さんでお買い求めいただけます♪ 









posted by 奈須 崇 at 14:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

そしてトイレでパラパラを踊る。

省エネだというのはわかります。でもあまりに消える時間が早くないでしょうか?
トイレの話なのですが、天井にセンサーがついていて自動的に電灯が消えるのです。動くものに反応して電源が入り、動くものがなければ電源が切れて電灯が消えるのです。

エコは素晴らしいです。電気を無駄に消費することは積極的に避けましょう。そうしましょう。

しかしその時間があまりに短かったのです。
約五秒。じっとしていると真っ暗になるのです。

だから僕はそのトイレで用をたしながら、動き続けることになるのです。

制限された体勢の中でセンサーが反応するように手を動かし続けます。
トイレをしながらパラパラを踊るのか、それとも真っ暗な中で用をたすのか。

しばし悩み、すぐに諦め、そしてトイレでパラパラを踊るのです。

その瞬間、日本で最も恥ずかしい存在の僕。
もう少し、時がゆるやかであったなら。

そう願わずにはいられません。



916594B9-7D55-4213-8E4E-BF53BF3D5CF3.jpg


余命半年の劇場のお話。

「上方スピリッツ」(kinobooks キノブックス刊)は、ジュンク堂千日前店や、紀伊國屋書店梅田店など、全国の本屋さんや、Amazon、楽天市場などでお買い求めいただけます♪ 
posted by 奈須 崇 at 02:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。