2015年11月10日

不思議な本。

以前、Amazonのな行の作家の単行本で10位ということをお知らせしたと思います。
Amazonのランキングの中の、名前が「な行」の作家の、文庫本をカウントせず単行本だけの売れ筋ランキングで10位になったというお話でした。

今回、続報があります。
上方スピリッツはついに、Amazonの、な行の作家の、文庫本を含むすべての売れ筋ランキングで、40位にランクインしました。


D4753FCE-1C23-4DB0-8C69-6694706BC87A.jpg


ありがとうございます♪ ありがとうございます♪

そうですね。
いまいち、すごいことなのかどうか判断しかねるところがありますね。
しかし人は喜んでいいのかもしれない時には積極的に喜んだ方が世の中が明るくなると僕は思うんですね。

ありがとうございます♪ ありがとうございます♪

さて、本題に入りたいと思います。
Amazonは新品の他に中古品も商品として扱ってらっしゃるんですよね。
それを踏まえた上で、こちらの写真にある上方スピリッツの販売ページをご覧ください。


7D8CEF1E-C3E9-497E-9880-63055FA71CD8.png


一番上の欄にある1728円の商品は分かるんです。新品の値段が税込で1728円ですからね。

しかし、次の二段目にある東京お宝市場さんの上方スピリッツは3023円なんです。中古品ですよね。なぜ新品の定価よりも高額なんでしょうか?

僕には経済の仕組みがよく分かりません。
三段目の上方スピリッツも中古品なのに3230円です。

いったいどなたが購入されるのでしょうか?
出版業界は不況だと聞いたことがありますが、局所的にバブルなのでしょうか?
上方スピリッツの中古品が新品よりも高騰しています。

僕は不思議で仕方なく理解できずに悩んでいます。
東京お宝市場さんや、メディアフロントさんは儲かるのでしょうか?
儲かるのなら、まぁ、需要があるということですから構わないんですけど、儲かるのでしょうか?

本は不思議です。
上方スピリッツは東京でお宝として市場に流通しているということなのでしょうか。

もっと本を読んで勉強したいと思います。



余命半年の劇場のお話。

「上方スピリッツ」(kinobooks キノブックス刊)は、全国の本屋さん、ジュンク堂千日前店や、紀伊國屋書店梅田店、ブックファースト阪急二階店、Amazonなどでお求めいただけます♪






posted by 奈須 崇 at 01:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。