2015年11月14日

真面目ということ。

時に不真面目ではありますが、僕は真面目です。
真面目な僕は四十一歳なので「40才からのシャンプー」と書かれているシャンプーを使っています。


772F4D03-5E8F-4829-B70E-63C742D52E5C.jpg


これです。
ルシード スカルプシャンプーです。

ねっとり頭皮アブラもスッキリ! と書いてあります。
僕の頭部が、ねっとり頭皮アブラにまみれているのかどうかというと全力で否定したいのですが、それでも僕はこのシャンプーを使っています。

またひとつ、おじさんの階段をのぼったわけです。

四十代になったのであれば四十代のシャンプーを使う。僕はそういう男でありたいわけです。

四十代の僕が、四十代のシャンプー以外を使う。
それは決してチャーミングではないのにチャーミーグリーンを使うが如し。
あるいは決してママではないのにビオレママになろうとするが如し。

僕は真面目なのです。




余命半年の劇場のお話。  
「上方スピリッツ」(kinobooks キノブックス刊)は、紀伊國屋書店グランフロント大阪店、ジュンク堂千日前店など、全国の本屋さんでお買い求めいただけます♪ 









posted by 奈須 崇 at 14:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。