2015年11月16日

便利なボタン。

マウスを買いました。


F6E591F4-2126-4B29-9517-14D3A2D8D4A8.jpg


五つボタンのマウスです。
普通のマウスは右クリック、左クリック、それとホイールをクリクリして回すところの三ヶ所にボタンがありますが、このマウスには親指側の部分にボタンが二つほど多くついています。

いろいろと機能を追加することができるようで、たとえばコピーとペーストの機能をボタンに入力しておくと、カチリとボタンを押して文書をコピーし、もう一つのボタンをカチリと押してペーストすることができるのです。

僕は文章を書く仕事をしていますので、たいへんに便利です。

しかしこちらが意図していない時に親指がカチリと触れて勝手にペーストすることがあるのです。

慣れていないからなのかもしれませんが、もしかすると追加する機能の選択が間違っているのかもしれません。
もっと他に追加すべき機能があるような気がします。

そこで、追加すべき機能が何なのかを少し考えてみたいと思います。
まず文章を書いている時に僕がよく希望することを羅列してみます。

テッシュペーパーを取ってほしい。
コカコーラが飲みたい。
晩ご飯までの残り時間が知りたい。
冷蔵庫の中にチョコレートがあるかを確認してほしい。
日本代表の試合が放送されるのは今日だったか明日だったかモヤモヤするので教えてほしい。
ドラアイアイになりそうなタイミングで自動的に目薬をさしてほしい。
軽く読んでみて面白い時は盛大に褒めてほしい。
軽く読んでみてあまり面白くない時は何も言わずそっと黄色のマーカーでアンダーラインを引いてほしい。

そうですね。
もう少し未来でないと僕が求めるマウスは存在しないのかもしれませんね。
僕はマウスに過剰な機能を求める傾向にあります。




余命半年の劇場のお話。

「上方スピリッツ」(キノブックス刊)は、紀伊國屋書店グランフロント大阪店、ジュンク堂千日前店など全国の本屋さんでお求めいただけます♪  





posted by 奈須 崇 at 17:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。