2015年12月20日

古事記。

最近、ホテルに古事記が置いてあるところが増えています。
前まで聖書が置いてあった机の引き出しの中に古事記が置いてあるのです。


F4B76C13-7FFB-4B6E-B424-9FBEE48544AF.jpg


これです。

まぁ、置いてあるのでちょっと読んでみようと思うのです。現代語訳なので読みやすくなっています。

とある歴史学者は「民族の神話を継承しなかった民族は例外なく滅ぶ」と言いますし、滅びたくないので古事記を読もうと思うわけです。

そこで引き出しを開けて古事記を取り出して読みます。寝ます。朝になります。荷物をまとめてホテルを発ちます。

ホテルに泊まる時はたいてい疲れています。旅行であったりしますから美味しい食べ物とお酒でお腹が満ちてホテルの部屋に戻ってお風呂に入ってベッドにもぐりこみ、古事記を紐解くも僕は眠るのです。

第一章の「初めに現れた神」の初めの数行を何度も読んでは何度も寝ているのです。
決してその本がおもしろくないわけではないのです。
満腹でお酒も入って疲れていてお風呂に入ったら僕は眠るように出来ているのです。

しかし読まないわけにはいきません。僕は滅びたくありません。大和民族の未来は僕の睡魔との闘いにかかっているのです。

今日こそは読みます。読破します。古事記を読むのです。

ところで僕は今日、とても疲れました。金沢おでんを満腹になるまで食べて、出版のお祝いにとノーベル賞の授賞セレモニーの晩餐会で振る舞われたのと同じ日本酒を盃に注いでいただきゴクゴクと飲みました。


BFFB839A-A06F-4A88-98F3-81727117D74A.jpg


灘五郷のひとつ御影郷で手造りされた「福寿」という名前のお酒なのですが、これがまた甘口でコクがあり、採れたてのぶどうのように香りが華やか。実に美味しい日本酒でした。ごちそうさまです。
そして僕は、あたたかいお風呂に入って、ベッドの中にいます。

古事記を読みますよ。

でもちょっと喉が渇いています。良い日本酒をたくさん飲んだので、逆に喉が渇いています。
備え付けの冷蔵庫からミネラルウォーターを出して飲みます。
人心地ついたので、いよいよ古事記を読みます。

そういえば明日の朝は早いので目覚ましをきちんとセットしなければなりません。朝7時起きです。
ベッドサイドにある目覚ましをセットし、念のためiPhoneの目覚まし機能もセットしておきます。万が一にも寝過ごしたりしたらたいへんですからね。二つセットしておけば、もう安心してぐっすりと眠ることができます。

さぁ、古事記を読みましょう。
前回の続きは第一章の「初めに現れた神」です。実にわかりやすい。しかしその前に部屋の湿度を調整しないといけません。
加湿器を使わないと明日の朝起きた時に声がカスカスになります。
僕は加湿器に水が補充されていることを確認して部屋の中の湿度を上げていきます。

これでいつ寝ても大丈夫です。乾燥で喉をやられることもありません。加湿器は素晴らしいです。スイッチを押しただけで適切な湿度を保ってくれるのですからね。
まったく便利な世の中になったものです。

それでは皆さま、おやすみなさい。



漫才で救われる命がある。
「上方スピリッツ」(キノブックス刊)は、紀伊國屋書店グランフロント大阪店、ジュンク堂千日前店など全国の本屋さんでお求めいただけます♪  https://t.co/ATRlFh7u34 https://t.co/tJfmPGmTWF












posted by 奈須 崇 at 00:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。