2009年10月19日

スタジオジブリの次回作。

ジブリ鈴木敏夫P「スタジオジブリ次回作は新人監督を起用、発表は12月」と明かす
http://movie.nifty.com/cs/news/dtl/N0020070/1.htm


スタジオジブリの次回作が、今から2ヶ月後の12月に発表されるそうです。

なるほど。

スタジオジブリと言えば『千と千尋の神隠し』や『ハウルの動く城』、つい最近までポニョポニョ言ってた『崖の上のポニョ』などが有名です。

スタジオジブリの次回作は、どのような作品なのか?

考えてみます。


まず、タイトル!

ジブリの作品は、例外はあれど、だいたいが「場所」と「固有名詞」の組み合わせになっています。
例えば、『天空の城ラピュタ』これなんかは、「天空の城」という場所に「ラピュタ」という固有名詞の組み合わせです。
他にも、『風の谷のナウシカ』これは、「風の谷」という場所の「ナウシカ」という固有名詞。

時に『紅の豚』なんかは、一見法則と違うように感じます。
しかし紐解いていくと、この「紅」、実は、主人公の豚は真紅の飛行艇に乗っています。
つまり、あいつどこに行った?となった時に、大概「豚」は「紅」という場所にいるのです。

このように大抵が「場所」と「固有名詞」の組み合わせなのです。


もちろん例外もあります。
例えば、『おもひでぽろぽろ』や『耳をすませば』などです。
これらは噛み砕いて考えてみると、「思い出がぽろぽろである」という状況説明や、「耳をすませば?」という行動の提案になっているのです。
このような、状況説明系タイトルや、行動提案系タイトルに関しては、前例があまりに少ない為、これらを基にして次回作のタイトルを予想するのは非常に困難です。

しかし、いくつかの法則はあります。

状況説明系のタイトルの場合、対象物が「思い出」という形のないものに、「ぽろぽろ」というような副詞が繋がります。

無形の対象物と副詞。

敢えて次回作のタイトルを状況説明系のタイトルだと断定し予想をしてみるのならば、

『生きがいぽとぽと』、『初恋だらだら』、『恥じらいもぐもぐ』、『葛藤すこんすこん』などになります。

少し忘れそうになったかも知れませんが、これらは宮崎アニメの新作のタイトルです。

あるいは『有頂天ぴちょんぴちょん』、『根掘り葉掘りぺらぺら』、『森羅万象ばきゅんばきゅん』などかも知れません。


確かに、生きがいがぽとぽとしている状況は早急に何とかしないといけないという切迫感が生まれるでしょうし、初恋はだらだらしてほしくありません。
『恥じらいもぐもぐ』に関しても、恥じらいの話してるのに一体何を食べているのだという疑問が沸き立ちます。

しかし『葛藤すこんすこん』は、おそらく葛藤がすこんすこんと解消される話でしょうし、
『有頂天ぴちょんぴちょん』、『根掘り葉掘りぺらぺら』、『森羅万象ばきゅんばきゅん』などは勢いがあります。

状況説明系のタイトルとしては、たいへん優れたタイトルと言えるでしょう。


次に、次回作のタイトルが『耳をすませば』などの行動提案系タイトルになった場合。

宮崎アニメにおいて、これら行動提案系タイトルは、体の一部分をどうにかしなさいという思いが込められています。

そうなってくると、ジブリの次回作のタイトルは、『口をとがらせて』、『鼻をかんだら』などになります。

スタジオジブリが自信を持ってお届けする長編アニメーション『顔をふいたら』

糸井重里氏がキャッチコピーを考えてね、「いまの君はテカテカに光って」とかね。


さて、あとは前述した「場所」と「固有名詞」という王道の組み合わせです。
この大本命の方向性で次回作のタイトルをジブリが打ち立ててきた場合、その次回作のタイトルはどのようになるのか?

まず、場所。
これは幅が広いです。

それこそ、「天空の城」から、「崖の上」から、「風の谷」から、最寄りになると、「となり」まで、非常にフィールドが広い。

『天空の城』、『崖の上』、『風の谷』、『となり』。

ジブリの次回作に使われそうな場所は!

『地上の一軒家』、『崖の中ほど』、『四ツ谷』、『斜向かい』。

うん。
深く考えない。
きっとこんな感じなのです。


次に、固有名詞。

ジブリの世界に君臨しているオリジナリティあふれる固有名詞と言えば、ポニョ、ナウシカ、トトロ、ラピュタ。

広大で奥深いジブリ。
名詞を決めるのに何か基準があるのでしょうか?

調べてみると、ナウシカという名前の由来はギリシャ神話に登場する人物名と同じだそうです。

なるほど。
ギリシャ神話。

次回作の固有名詞も、おそらくギリシャ神話から借用するに違いありません。


え〜と、ギリシャ神話の登場人物と言えば、イカロス、メドゥーサ、ケンタウロスなどです。

イカロスなんかは良いですね。
イカロス、皆さんはご存じですか?

ロウソクの蝋で固めた鳥の羽根を背負って、空を飛んでみたものの、太陽の熱で蝋が溶けて墜落した、あのイカロスです。

完璧ですよ。

もう誰が何と言おうとイカロスの場合、タイトルは『地上の一軒家イカロス』ですよ!
天空の城ラピュタなんか滅相もない!

もう飛びたくない!

イカロスは地上の一軒家でのびのびと暮らすのです。


メドゥーサなんかは、髪の毛が毒蛇の怖い怪物ですけど、この場合は『斜向かいのメドゥーサ』ですね。
そうです。
近所に怖いのが居ますよ。
目を見たら石になると言われてますからね、斜向かいは絶対に見たらダメです。


ケンタウロスなんかは、ギリシャ神話に登場する半人半馬の怪物ですけどね。
彼なんかも、これ『崖の中ほどのケンタウロス』となった瞬間、右往左往ですよ。
下半身が馬ですからね。
崖の中ほどは危険極まりない。

もうほら、アニメの中で、主人公であるケンタウロスが崖の中ほどで葛藤しているドラマが見えてくるようですよ。

ケンタウロスは崖の中ほどで、どうするのか?
そのピンチを脱する事ができるのか?
どうして崖の中ほどに行ったんだケンタウロス!

ケンタウロスは一歩も動きませんからね。
動けないですからね、崖の中ほどから。
映像は静止画でも大丈夫かも知れません。

ただただケンタウロスが冷や汗を掻いている映像が90分。

心の葛藤が、ナレーションで入ったりしてね。

「ケンタウロスは悩んでいた。登れるか?いや登れない。降りれるか?いや無理だろう。もう生きては帰れない」

こんな感じですよ。
非常に静かです。


まぁ、もし『崖の中ほどのケンタウロス』が劇場公開された暁には、きっと映画館の前売り券に特典が付いてたりするんですよ。
『ケンタウロス携帯ストラップ』とかね。

もしかするとソフトバンクみたいに、30センチぐらいの『でかケンタウロス携帯ストラップ』とかね。
他にも『しゃべるケンタウロス携帯ストラップ』とかが抽選で当たるんですよ。

『しゃべるケンタウロス携帯ストラップ』は、ストラップに付いてるケンタウロス人形の頭を触ったら「降りれないじゃないか!」とか「どうしてこんな事に?」とか喋るんですよ。

欲しいですよ、ストラップ。
『しゃべるケンタウロス携帯ストラップ』欲しいですよ。

宮崎アニメの素敵な青空。そして崖にはケンタウロス。

もう頭の中は『崖の中ほどのケンタウロス』の事でいっぱいです。 断然、前売り券を買いますよ。がんばってケンタウロス!


あとギリシャ神話の登場人物と言えば、どんなのがいましたか?

なかなか頭に浮かばないですねぇ。
ギリシャ神話は、あまり現代に根付いていないですからね。

あ、ありましたありました、現代に根付いてるのが!

愛の神エロス!

これは現代に根付いてますよ。

え〜とあと残ってる場所は、…四ツ谷か。

『四ツ谷のエロス』

なにこれ?
四ツ谷のエロス?

ん〜?

まぁ、ジブリの次回作はね、東京メトロのチカンが主人公のね。

『四ツ谷のエロス』

うん、音楽なんかをね、日本アカデミー賞で優秀音楽賞を受賞した久石譲氏が担当して、
糸井重里氏がキャッチコピーを考えてね、「ちか てつ さわる」とかね。「くう ねる あそぶ」みたいな感じでね。

ジブリが挑む未知なる領域! R20!

うん。
うんうん。

ないな。

『四ツ谷のエロス』は、ないな。

可能性として薄い。子供から大人まで楽しめるアニメになるかと言われると、いいえと言わざるを得ない。


いや、でも、ケンタウロスを主人公にした物語として、四ツ谷のエロスを登場させると大丈夫かも知れませんよ!
ちょっと書いてみましょうか、崖の中ほどのケンタウロスを主人公にした四ツ谷のエロスの脚本を。


『ジブリの次回作の脚本前編』につづく。


posted by 奈須 崇 at 23:54| 若干の考察。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。