2010年03月28日

「君と旅」コマーシャル2。

059.PNG

トランスパンダの稽古場の近くにある中華料理屋さんの「眠宝」に皆で行ってきました。


033.JPG


このお店、なんか餃子のキャッチコピーが、卑猥。

店先に置かれたネオンの看板が「餃子とは 性つく 運つく 女つく」と書かれた文字を照らし出していましたよ。


036.JPG


「眠宝」ね。
餃子、めちゃ美味しかったですけどね。
上パリパリの下ふわふわ餃子って感じでね。

でもこれ、この看板。
市の条例とかに違反じゃないの?
景観条例違反とか、青少年保護育成条例違反とか。

公衆に対して「餃子とは 性つく 運つく 女つく」と書いた看板を夜空の下でチカチカさせるだなんて、
これ僕に言わせると、限りなく軽犯罪に近いブルーなんですけど。

違反じゃないの?

だって「性つく」って、あきらかに「精つく」でしょ?
これ「性がつく」ってワードでYAHOO!検索したら「精がつく ではありませんか?」って訂正されますし、Google検索したら「もしかして:精がつく?」てな感じでクールに二度聞きされますよ?

まぁ、その問題点以外はね、良い感じでしたよ。


035.JPG


写真に映る茶色いチャーハンがちょっと味濃いかったですけど、
基本的にラーメンも麻婆豆腐も餃子も、すごい美味しかったですからね。


034.JPG


やっぱり餃子のキャッチコピーですよね。どうにかならんのかな?


032-2.jpg


「餃子とは 性つく 運つく 女つく」て。ないない。それは。

その点!
トランスパンダの「君と旅」のキャッチコピーはね!

あれ?
「君と旅」のキャッチコピーって何やろ?

「君と旅とは 性つく 運つく 女つく」

はー!
違う違う!
びっくりした!
やっぱり、こんなん条例違反やん!

「君と旅」のキャッチコピーはね!
「君と旅とは 君と旅に出ますよ」みたいな感じの。うん。適当に書くんじゃなくて、今度、ちゃんと茜ちゃんに聞いてみよう。

それまでは、とりあえず「君と旅」のキャッチコピーは「ちょっとした奇跡よりも魔法を目指す(仮)」にしときます。

ね?
「餃子とは 性つく 運つく 女つく」とは、えらい違いでしょ?

条例に違反する気配皆無ですもん。


さてさて、そんなトランスパンダの「君と旅」ですが!


チケットのご予約は、こちらで承っております!


posted by 奈須 崇 at 00:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。