2015年10月31日

僕の物欲と妻の倹約。

最近のインターネットは便利です。カーソルを合わせてマウスをクリックすれば自宅に欲しいものが届きます。
便利ですが、余計なこともしてきます。
たとえばGoogleの広告。
僕がネットショップでコッソリとキャンプ用品を買います。コッソリとです。
するとGoogleの購入履歴が反映されて僕の購入傾向を加味した広告が画面上に現れるのです。
なぜ現れるのか。

当然のように妻は僕の物欲を俊敏に察知するのです。
妻は言います。なんかアウトドア用のコンロ買ったん? と。

当然、僕はとぼけます。え? なにが? と。

すると妻は、Googleの広告がコールマンのコンロだらけだと勝ち誇ったように言うのです。それはもうコナンくん並みの犯人はお前だ顔なのです。

Googleの密告。
僕はアウトドア派の人間で、妻はインドア派の人間。ことキャンプ用品に関して、僕たち夫婦はドア越しの関係と言えます。

要らんやろ、コンロ。何個買うの? と妻が僕に詰め寄ります。

我が家にはコンロがたくさんあります。
フライパンと鍋の数だけコンロがあると言っても過言ではありません。
なぜ僕はそんなにコンロを買うのか。順を追って説明しましょう。

まずIHコンロ。これはキッチンについていますから、ノーカウントです。
次にベランダに置いてあるバーベキューグリル。これはグリルであってコンロではないので、ノーカウントです。
そしてツーバーナーのコンロ。これはアウトドア用でホワイトガソリンを燃料とします。キャンプに行った時や有事の際に大活躍しますよね。
これは確かにカウントすべきなのかもしれません。コンロ1としましょう。

さて、我が家にはもう一台ツーバーナーのコンロがあります。これはですね、燃料がガスなんです。さっきのコンロはホワイトガソリンでしたよね。調理していたらホワイトガソリンは減ります。限りのある資源。燃料がなくなったらたいへんです。火が消えます。
そこで買ったのがこのツーバーナーのガスコンロなのです。家庭用のガスボンベを使って調理ができます。コンロ2としましょう。

実を言うと、ガスコンロがもう一つあります。これは鍋をしたりするための極めて一般的な家庭用コンロです。これは極めて一般的な家庭用コンロですからノーカウントですよね。

さて次に、先ほどガスコンロがもう一つあると言いました。それは間違いです。あと二つあります。詳細をお話するとツーバーナーではなくシングルバーナー、つまり一口コンロです。アウトドア用の。でもこれはですね、山岳用のガスボンベを使用するので、燃料が高額なんですよね。これが二つあります。えぇ、同じ物が二つです。そうですね。潔くコンロ3とコンロ4としましょう。

もう少しあります。シングルバーナーのガスコンロです。これはですね、先ほどの山岳用のガスボンベではなく、より安価な家庭用のコンロのガスボンベが使える優れもの。これは使えば使うほどお金が儲かると言っても過言ではないような気がしませんか? まぁ、そうですよね。確かにコンロ5です。

さぁ、いよいよラストです。シングルバーナーのホワイトガソリンコンロです。これは高度のある山頂付近ではガスボンベは火が燃えにくいんですね。酸素が薄かったり、寒さの影響を受けたりしますからね。確かにツーバーナーのホワイトガソリンコンロはありますよ。でも山頂まで担いで行けません。そんなことをしたら二合目で下山したくなります。比較的持ち運びしやすいシングルバーナーで、山頂でも火力の出やすいホワイトガソリン。理にかなっていますね。え? 山頂に? 行くのか?

行かないですよ。コンロ6としましょう。

コンロはいくつあってもいいと言っても過言ではないような気がしますよね。

コンロ7は不要ではないかと言われたら、どう冷静に考えても要りますよね。

要りませんか?

要るんじゃないですかね?

要るような気がしませんか?

要るって言ってましたよ?

それはそうとGoogleはなぜ購入履歴を広告に反映させるのでしょうか?
人は購入したものとよく似たものをまた買う、そう判断しているのでしょうか?

その判断は当たっています。さすがGoogleです。
やめてほしいです。




余命半年の劇場のお話。

「上方スピリッツ」(kinobooks キノブックス刊)は、ジュンク堂千日前店や、紀伊國屋書店梅田店や、Amazonなどでお求めいただけます♪














posted by 奈須 崇 at 19:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。