2015年11月24日

親近感セルビア。

僕が出演しております、永井和男監督の短編映画『くさいけど「愛してる」』がなかなかの快進撃なのです。

まず入選した映画祭を羅列してみます。


・きりゅうアワード2015
・したまちコメディ大賞2015
・第19回水戸短編映像祭
・夜空と交差する森の映画祭2015
・Indie Fest USA
・京都国際映画祭
・第8回おもいがわ映画祭
・第6回 O!!iDO短編映画祭
・日本セルビア交換映画祭


9つもの映画祭に入選しています。
しかも、したまちコメディ大賞2015では「勝手にサポーター&観客賞」を受賞。
さらに、京都国際映画祭では「クリエイターズ・ファクトリー 劇映画部門 優秀賞」を受賞。
そして、日本セルビア交換映画祭ではタイトルを「Smell, But I Love You」と英訳してセルビアで上映されたのです。

セルビアです。
正直に言うと僕はセルビアがどこにある国なのか、名産品は何なのか、名物料理は何なのか、そういったことを一切知りませんでした。

セルビアは南東ヨーロッパに位置し、ほうれん草のパイや、各種お肉の炙り焼き、燻製、それにブレークと呼ばれる揚げパンを食べて、ラキアと呼ばれるセルビアのブランデーを飲み、チェバブチチと呼ばれるお肉を挟んだパンを食べる、そういう食欲素敵ランドなのです。

温厚な人々が多く暮らすセルビアでは、初対面の時に握手をし、その後、その相手の人に親しみを感じたら、次は会うたびに頬にキスを二度三度行い、場合によってはハグをしてキスをする、そういう親近感密着ランドなのです。

どうでしょうか、この胃袋の掴み具合からの相手の懐への飛び込み具合。
僕は親近感丸出しと書く時は、あえて親近感セルビアと書くことにしました。

そんなセルビアで、僕が出演した映画が流れたのです。
すごいことですよ、これは。
親近感セルビアです。



『くさいけど「愛してる」』

https://www.youtube.com/watch?v=UFOJAeoHx10

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

出演
ルーデルマン大地 上西愛理
奈須崇 三浦美智瑠 篠崎雅美 天音
間宮志穂 真弓 伊賀漣太郎 井戸川真子

ロケ地協力
辻本歯科 カフェ・ド・ガモヨン

撮影 小林健太
録音 了舟隼人
機材協力 中谷丸
衣装協力 筒井菜津子
英語字幕版 字幕 岡村幸朗
エグゼクティブ・プロデューサー 桑水流勇気
プロデューサー・助監督 今井太郎
監督・脚本・編集 永井和男

日本語字幕、英語字幕あり

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


余命半年の劇場のお話。
「上方スピリッツ」(キノブックス刊)は、紀伊國屋書店グランフロント大阪店、ジュンク堂千日前店など全国の本屋さんやAmazonなどでお求めいただけます♪








posted by 奈須 崇 at 04:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。