2015年12月28日

ポイ捨て対策を真剣に考える会。

ポイ捨てなんですけれども。

あれはどうにかしないといけません。
車の窓から火のついたタバコを捨てる人とかね。
考えられないですよ。なぜ捨てるのか。

そこで自称「ポイ捨て対策を真剣に考える会」の名誉会長である僕は考えました。
僕の車に限らず最近の車にはドライブレコーダーが付いています。運転している車のフロントガラスからの風景を常時録画している機械のことです。

つまりポイ捨ての犯行現場をおさえている場合があるわけです。これを利用しない手はありません。すぐにドライブレコーダーを作っている会社は通報ボタンをつけましょう。通報ボタンを押すとメール機能が立ち上がって警察の交通課に犯行現場が映った動画を添付して送れるんです。
どうですか!
これで後続車に録画されているかもしれないという気持ちが抑止力となってポイ捨てが激減するはずです。

しかも通報ボタンを押して犯人が検挙されるとTポイント貯まるんです。
これは誰もが求めるシステムに違いありません。
Tポイントは世の中を変えます。
道を綺麗にして皆を幸せにします。

Tポイント最高♪



漫才で救われる命がある。

「上方スピリッツ」(キノブックス刊)は、紀伊國屋書店グランフロント大阪店、ジュンク堂千日前店など全国の本屋さんでお求めいただけます♪



posted by 奈須 崇 at 01:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。