2008年12月10日

王さんとイチロー選手の会話。

王顧問 イチローに電話で確認
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/etc/news/20081030-OHT1T00057.htm


王貞治さんが、イチロー選手と電話で会話をする。

僕なりに想像すると、こうだ。



「あ、もしもし、イチロー?あの、王やけど…ごめん、こんな遅くに。え?あ、そっち早朝?あ、そうなん?あ、逆に早くに、ごめん。いや、あのー、うん、そうやねん。WBC。自分どうすんのかなぁって。…いや、皆、どうすんのかなぁって言うてるし。え、どうなん?イチローは出るの?出るやんな?出てな?…え?…あ、ほんま?出る?あ、出るの?あ、よかった!あ〜、よかった〜!いや、内心、出場せぇへん言われたら、どないしよかなぁって、僕、一応コミッショナー特別顧問やん?そんなんコミッショナー特別顧問とか急に言われても、そんな横文字混じりの四文字熟語、意味わからんやん?ほんでも、その場は分かったフリして急いで家に帰って、もうまずコミッショナーてなんやろ思って調べたら『最高責任者』って辞書に書いたぁるやん?え?あ、そやねんそやねん!最高責任者って意味やねん!あ、イチローも知らんかった?そうやね〜ん!うん、だからコミッショナー特別顧問て、最高責任者特別顧問て意味やねん!最高責任者だけでも責任重大やのに、さらに特別顧問やろ?特別顧問いうたら、探偵ナイトスクープでいうところのキダタローやん?え?…いや、でもイチロー、そうは言うてもキダタローは、キダタローで大変や思うで?だって隣で西田敏行すぐ泣くやん?もう最近なんか、おばぁちゃん出てきただけで泣き出すモーション開始しよるやん?あんな頻繁に号泣するやつの隣で、ジッと座っとかなアカンわけやからな?アレはアレで意外と忍耐のいる大変な仕事や思うわ。うん。いや、そらイチローには出来るか知らんけど、僕には出来へんわ。あんなん20分も座っとったら素振りしたなる。うん。あ、ごめん。話だいぶ逸れたな。そしたら、記者の人とか野球の人とかには、イチロー出るってーて言うとくで?あ、それと、WBC関連の記者発表の時、何着て行くん?いや、だってカブったらイヤやん?え?…あ、背中に『51』て書いてるシャツ?自分、あの服好きやな〜。そしたら僕、ウケ狙いで『野球王』て書いてるTシャツ着て行くわぁ。うん、そしたら、ごめんな、こんな夜遅くに。あ、そっち早朝?うん、ごめんごめん。逆に早くに、ごめん。うん。ほなまたメールちょうだい。はい、おやすみー。」



僕なりに想像すると、こうだが、どうだろうか?

チャーミングが過ぎるだろうか?


posted by 奈須 崇 at 05:02| 若干の考察。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

どっちでもいい。

【OL白書vol.11】気になる人とお酒、バーと居酒屋どっちがいい?
http://netallica.yahoo.co.jp/news/51155


どっちでもいい。

どちらか絶対に決めなさいよと言われるのならば、居酒屋を選ぶ。
バーに行く習慣がないのも大きな理由だが、最大の理由は食事だ。
食事をすれば相手がわかる。さらに自分自身が相手の事をどう思っているのかが、わかる。

居酒屋での食事は実に難しい。
まず焼魚が、気軽に食べてくださいよ顔でテーブルに並ぶ。
しかし、気軽に食べると、箸捌きも気軽になる。
ほっけを食べれば、その人がわかると言っても過言ではない。

いや。
過ぎた事を言った気もする。

まぁ、いい。
居酒屋だ。

居酒屋では、取り分けなければいけない食べ物、例えば揚げ出し豆腐などが、
さぁ、適当に小分けにしてくださいよ顔でテーブルに並ぶ。
しかし、適当に小分けにすると、小さな取り皿に、適当に盛り付けられたプチ揚げ出し豆腐などが出来上がる。
プチ揚げ出し豆腐を見れば、その人がわかると言っても、今度こそは過言ではない。

いや。
今度も過ぎた事を言った気がする。

とにかくだ。
バーはイベントが少ないのだ。

貴方どうですか?
貴方はバーに行ってワイングラスに入れられた小さい尖がったチョコを食べる様を見て、その人の事がわかりますか?
そんなもん、チョコ好きか嫌いかぐらいしか分からないですよ。
貴方はバーに行ってミックスナッツを食べる様を見て、その人の内面を見抜く事ができますか?
そんなもん、ピスタチオの殻を上手に剥いて豆を取り出してるかどうかぐらいしか見抜けないですよ。

いや。

でも、僕の食べる所作からも逆に何も見抜かれる事がない訳か?
それはそれで利点か?

となると、バーか?
僕はあの娘をバーに誘うべきか?

いや。

でも、すでに付き合っているに近しい関係性の場合は、逆に知ってほしいか?
僕の、ほっけを食べる様を見て、何かを感じ取ってほしいか?
見事な盛り付けのプチ揚げ出し豆腐を手渡してくる僕を見て、何かを感じ取ってほしいのか?

そうかも知れない。
僕は僕の中の何かを見抜かれたくて、あの娘を居酒屋に誘い、ほっけを注文し、揚げ出し豆腐を取り分けたがっているだけなのかも知れない。

いや。
しかし、あの娘が、率先してほっけを注文し、揚げ出し豆腐を取り分けだしたら、その場合は、どうすればいいのだろうか?

僕は、あの娘の何かを見抜いたり感じ取ったりする事ができるのだろうか?

とりあえず、バーに誘い、小さい尖がったチョコから始めるべきなのか?
もしかすると、ミックスナッツの段階で何か道が開くように光が見えるものなのか?

となると、バーか?
バーなのか?

いや、居酒屋だろ?
いや、居酒屋か?

もしかすると、こんな僕の一面が、面倒くさいと言われてしまう要因なのか?

バーか?
居酒屋か?

あ!
カフェか!

おー、カフェか!
くっそー、カフェめ!
遅れてきた4番打者じゃないか!

いや、カフェか?

これは難しいぞ?

バーか?
居酒屋か?
カフェか?

一個増えたか?
カフェは省くか?

バーか?
居酒屋か?

うん。
どっちでもいい。




posted by 奈須 崇 at 08:05| 若干の考察。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。